本文へスキップ

新着情報

2015年 12月15日
 2015年12月15日、代表理事生木大祐が沖縄を訪問し、沖縄支部設置契約調印式を開催しました。
 沖縄支部は日本語教育機能を有しており、講習の開催も可能です。

【沖縄支部概要】
支部運営会社 株式会社グローバル・フロントライン
       沖縄県那覇市久茂地3丁目9番地1 久茂地センタービル2F
支部長    金城 敬士





2015年 10月01日
 2015年10月1日、ついに、我が国初めてのブータン王国からの技能実習生が、仙台にやって参りました。
 JR仙台駅のご好意で駅構内の場所をお借りし、歓迎式典を開催しました。
 式典には仙台市関係者、公明党関係者が来賓として参加しました。
 この模様は地元テレビ局、新聞各社が報道しました。

 東北の明るいニュースになればとの思いで、1年以上前から取り組みを開始。
 多くの支援者のおかげもあり、日本初の受入れを実現することができ、役職員一同大変光栄な思いでいっぱいです。
 ブータンと日本の交流促進のため、ますます多くの方がブータン王国技能実習生の受入れが進みますよう、
 今後ともしっかり取り組んで参ります。





◇新聞報道
「読売新聞」
「河北新報」


「公明新聞」

◇テレビ報道
仙台放送・みんなのニュース
「東北放送・Nスタ」

2015年 9月25日
 2015年9月25日、株式会社Niche(代表取締役・次呂久由利恵)さま、一般社団法人沖縄県国際交流支援センター(理事長・金城唯彦)さまの共同運営により、沖縄支部を設置することで基本合意しました。
 戦後70周年という佳節。アジアの平和に少しでも貢献できるよう、頑張って参ります。


2015年 9月24日
 2015年9月24日、ネクストステージ・グループでは、カンボジアからの技能実習生受入れ事業をスタートしました。
 平均年齢23歳。首都プノンペンにはイオンが出店するなど日本との結びつきは強くなってきています。
 第一弾は14人が、来春入国の予定です。










2015年 8月18日
 2015年8月18日、仙台入国管理局より、ブータン王国技能実習生の在留認定証明書が交付されました。
 これは我が国初のことであり、またネクストステージグループだけ、日本唯一の取り組みです。



2015年 7月24日
 2015年7月24日、KOYAMA社会保険労務士事務所さまと提携し、
「共同労務管理事業」をスタートする運びとなりました。
 これは、主に組合員の助成金に関するお手伝いをする事業です。
 参加ご希望の方は所定の用紙にて参加希望の旨、事務局までご提出ください。

同事業申込書 こちらからダウンロード下さい)


2015年 7月10日
 2015年7月10日、長野県・川上村中央公民館にて、おもに高原レタス栽培に取り組む農家さんを対象に、「技能実習生受入れ説明会」を開催。

2015年 6月26日
 2015年6月26日〜7月12日 東北楽天ゴールデンイーグルスの本拠地、コボスタ宮城で、夏のイベントとして定着している「世界のビールと肉まつり」に、ハラールインド料理店「ザムザム」を出店、おかげさまで大盛況でした。




2015年 5月23日
 2015年5月23日、東北の復興のため現在もさまざな活動を行っている企業・団体の視点からとらえた被災地の状況や復興情報を発信し、東北創生について考えるプロジェクトである「アルパカかわら版」に、代表理事生木大祐が掲載されました。

アルパカかわら版web

2015年 4月22日
 2015年4月22日、東北大学・JICAと共同研究を実施しているRITM(フィリピン国立熱帯医学研究所)の関連機関AFTM(アジア熱帯医学財団)、EPA人材の支援活動を実施している特定NPO法人HPA、そして私たちネクストステージ・グループ(協同組合ネクストステージ東北、協同組合ネクストステージ・ジャパン)の3者は、RITM内で協議を行い、事業提携について基本合意致しました。
 技能実習「介護」、高度人材「介護」について、ユニークで独自性の高いスキームを構築し、来る本格的な海外医療人材受入れ拡大に備えることとなりました。新しい専門機関を、2015年10月に設置します。

EPAについては、「JICWELS」ホームページをご覧ください。


2015年 3月27日
 2015年3月27日、「株式会社シードパートナー」に、渋谷支部を設置するための調印式を開催しました。
 同社はフィリピンで学校経営をしており、フィリピン人実習生事業の強化に貢献する計画です。







【渋谷支部概要】株式会社シードパートナー
2015年 3月16日
 2015年3月16日、国連防災世界会議公式フォーラム「北東アジアの連帯によるレジリエンスの強化」において、代表理事生木大祐が登壇し、被災地の現状を通し、日中韓の友好を訴えました。
 当日の模様はアジア各国で反響を呼び、複数のマスコミが紹介しました。

生木大祐スピーチ原稿(日本語)(英語






■毎日新聞


■ジャパンタイムス


■人民日報 3月20日付

■マレーシアのニュースサイト BERNAMA.comより 

■インドネシアのニュースサイト ANTRANEWS.com より

■SGI 3月16日付

■中文導報 3月18日付

2015年 3月 6日
 かねてより要請をいただき、調整を重ねていましたところ、正式に渋谷支部の設置を決定致しました。
 理事会の推薦を経て、臨時総会で承認後、晴れて支部設置となります。

【渋谷支部概要】
 支部運営会社 株式会社シードパートナー
        東京都渋谷区渋谷3-27-4 ナカヤビル305
 支  部  長  永沼 秀一

 渋谷支部では、主に東京都内での実習生事業を担当します。
 永沼支部長はフィリピンで学校を経営しており、同時に、フィリピン人材の強化を図ります。
 ご期待ください。





2015年 2月14日
 かねてより要請をいただき、調整を重ねていましたところ、正式に名古屋支部の設置を決定致しました。
 理事会の推薦を経て、臨時総会で承認後、晴れて支部設置となります。

【名古屋支部概要】
 支部運営会社 株式会社Liberty Hearts
        名古屋市南区塩屋町6-23
 支  部  長  布施 徹

 名古屋支部では、主に中部地区での実習生事業を担当します。
 布施支部長はカンボジアで会社経営に携わっており、同時に、カンボジア人実習生事業の強化を図ります。
 ご期待ください。











2015年 1月30日
 名古屋支部設置を決めました。理事会の推薦を経て臨時総会での承認後、正式に設置となります。
 詳細はのちほど、掲載します。
2015年 1月10日
 ベトナム人実習生事業を開始しました。これで、受入れが出来るのは、中国・ブータン王国・フィリピン共和国・バングラデシュを含む5カ国となりました。

2015年 1月 5日
 グループ企業であるダイバーシティ東北エデュケーション&ツーリズム(代表取締役 押谷祐子)と協力して、ハラール事業部を正式に立ち上げました。責任者には代表理事 生木大祐が直接就任し、あらたにダイバーシティ東北取締役会に迎えた宝財院イクバル取締役とのタッグで、展開して参ります。
 まず第一弾として、仙台市青葉区二日町で宝財院取締役が長年経営してきた有名ハラール料理店「ザムザム」ブランドを継承し、青葉区吉成に「ハラールインド料理店ザムザム吉成店」をオープンしました。

 今後の展開予定は、次のとおりです。

 ◆セントラルキッチン&デリバリー事業
 ◆組合員企業開発商品のアンテナショップ事業
 ◆ICCS(仙台イスラム文化センター)によるハラール認証事業
 ◆組合員企業開発商品の輸出事業

 乞うご期待ください。




ザムザム吉成店(仙台市青葉区吉成3-1-30)
TEL022-725-7863(年中無休、10:30〜14:00、17:00〜21:30)
2014年11月18日
ホームページを全面リニューアルしました。





バナースペース